法定費用等について

法定費用等について

会社を設立するためには、下記にあるように法定費用などがかかります。

定款認証料・・・5万円+250円×枚数(7〜8枚なので約2000円)
定款に貼る印紙・・・4万円

電子定款で印紙代4万円が不要に!
会社設立トータルパックでご依頼の場合は、法定費用(印紙代)のうち、定款認証に必要な4万円分の印紙が不要になるコースもあります。 ぜひご相談ください。電子定款パックも、このコースを利用します。

登録免許税・・・最低15万円
*資本金の0.7%で計算するのですが、最低額はこのとおりです
該当者の印鑑証明書・・・出資者1枚、役員1枚
印鑑セット・・・お店、材質によっても違いますが、4万円程度
代表印
銀行印
角印
ゴム印(セパレートタイプがお勧め)
会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)取得・・・1通1,000円
設立後、各役所や取引相手など、謄本の提出を求められるケースが多々あります
3〜5部程度は取得しておきましょう。
会社の印鑑証明書取得…1通500円
設立後、印鑑カードを作成し取得します。あまり使う機会はありませんが、カード作成はタダですので、念のため作っておきましょう。
以上、目安として約30万円です。

参考

上記のような会社設立前に使う費用は、経費にできないのか?答えは、『創立費』として繰延資産に計上しておきます。これを5年内に毎決算期ごとに、その均等額以上を費用として計上できます。

どういうことかというと、税金を払う時の計算は、簡単にいえば「収入−経費」の部分にかかってきます。1年目から大幅な黒字でしたら、できるだけ経費が多いほうが税金上はいいのですが、一般的には赤字だったり、黒字でも少なかったりします。そこで、1年目に全部経費で計上するよりは、分割で計上したほうがメリットがあるというケースが多いと思います。
そこで、この『創立費』という勘定科目を使います。

ちなみに、上記以外なら、事務所の契約料、当事務所への報酬なども『創立費』にすることができます。